サクラ…

昨日は県立高校の合格発表だった。次々と合格の報告電話が入ってくる。この勢いで全員合格…

という訳にはいかなかった…。数名が不合格に。

そのうちの1人、あのウンコ事件のO君も落ちた…

Oよ、お前の手に何が残った!?何も残ってないだろう!?授業中、何を当てても答えられなかったよな。小テストで不合格になっても1度も再テスト受けに来なかったよな。作文指導でいつも1行も、1文字も書かず、提出もしなかったよな。バッティングセンターで1振りもしないような奴にどう指導せぇっちゅうんや!?日曜日の補習も1度も来なかったよな。
なぜその高校に願書を出したんや?プライドか!?努力を伴わないプライドなんて砂上の楼閣やぞ!?
「落ちるとは微塵も思ってなかった」らしいが、その自信はどっからわいてきたんや!?努力を伴わない自信はただのガラス玉やぞ!?
滑り止めに受けた高校には行きたくないから二次募集を受ける!?しかもまたそんな高校…。わかってんのか!?その残されたわずかな椅子を巡って県下No.1、No.2の高校に落ちた奴が受けに来るんやぞ!?しかも元から君よりも賢くて、必死に努力しながらも夢破れた奴らが。
これからも君は砂上の楼閣に住み、ガラス玉を大事に生きていくのか!?
できることなら自らその砂上の楼閣を破壊し、自らそのガラス玉を砕いて、汗水ながして努力することを覚えよ。
大人になり、世の中の風に砂上の楼閣を吹き飛ばされて、社会の巨人にガラス玉を踏み砕かれて、その時惨めな思いをするのはお前やぞ!?
欲しいものがあれば、血の汗、血の涙、血のションベン流す思いで努力せよ!!そしてその時手につかんだものが、君の勲章であり、貴重なものになるだろう。

Oよ、お前の手に何が残った!?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック